テグレトールの画像

テグレトールは、抗てんかん薬や三叉神経痛治療薬として幅広く使用されている薬です。該当の病気をお持ちの方やそうでない方もテグレトールについて知り詳しくなりましょう。

40代で注意するてんかん|口コミがあるテグレトール

40代頃からは、脳の病気の後遺症として起こる脳血管性てんかんに注意が必要です。
30代ではそれほど多くありませんが、脳卒中のリスクが高くなる40代頃からは脳の病気によっててんかん発作が起こる可能性があります。
脳血管障害には、脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などがあります。他にも、転んで頭をぶつけるなどして外傷によるてんかんが起こる可能性もあります。
また、高齢者ではアルツハイマー病などの神経変性疾患によるてんかんのリスクが高くなります。アルツハイマー病は大脳の側頭葉の内側にある海馬という部分から神経の変性を起こすことが多いです。海馬とてんかんは関係が深く、海馬を起点として始まるてんかんは側頭葉てんかんが多いと言われています。
抗てんかん薬は病院処方が最も安全ですが、個人輸入して使うことも可能です。
口コミで評判が高いテグレトールという抗てんかん薬は、興奮物質のプラス電荷のイオンのNa+の細胞内への流入を防ぎます。Na+イオンが細胞内の電荷を変えるには、Naチャネルという輸送体を通る必要があります。テグレトールはこのNaチャネルを阻害してしまうことで、興奮状態のNa+が入れないようにして、興奮状態になるのを防ぎます。
口コミで人気なだけあって、テグレトールは品切れしていることも多いです。個人輸入代行業者のサイトで品切れしている場合には、新たに入荷されるのを待つか、他の個人輸入代行業者のサイトを利用して個人輸入する必要があります。
個人輸入の薬は、病院で処方されるよりも安く手に入れられることがありますが、効果や副作用についてはすべて自己責任になってしまうので、使うときには十分理解した上で利用しましょう。