テグレトールの画像

テグレトールは、抗てんかん薬や三叉神経痛治療薬として幅広く使用されている薬です。該当の病気をお持ちの方やそうでない方もテグレトールについて知り詳しくなりましょう。

テグレトールと興奮作用

テグレトールは脳の興奮状態を抑える作用がある薬であり、てんかんや躁うつ病、三叉神経痛に対して有効な治療薬です。
脳の興奮というのは神経細胞で電気的な刺激が起きる事によって興奮が伝わるようになっています。
その仕組みについて簡単に説明をします。
神経細胞内は普段マイナスの電荷を帯びた状態となっているのですが、ナトリウムイオンのようなプラスの電荷を持ったイオンが細胞内に入る事で少しずつプラスの電荷に偏っていきます。
そしてプラスの電荷を持ったイオンが過剰に細胞内に親友した場合に神経細胞内の電荷がプラスとなって興奮状態となり、電気刺激が発生するのです。
てんかんはその電気刺激が突発的に起きる症状なので、電気刺激が起きないようにすればよいのです。
テグレトールはナトリウムイオンチャネルの阻害薬と呼ばれていて、神経細胞内にナトリウムイオンが侵入するためにはナトリウムイオンチャネルを通らなければ入る事が出来ないのですが、そのナトリウムイオンチャネルがナトリウムイオンを通さないように阻害する役割があります。
ナトリウムイオンが細胞内に入る事が出来なければ細胞内がプラスの電荷になる事を妨げる事になり、細胞内がプラスの電荷にならなければ興奮して電気刺激が発生するのを防ぐ事が出来ます。
だからこそテグレトールはてんかんに対して有効であるという事になります。
躁うつ病についても脳の興奮がかかわっているので同じように治療効果があるのですが、三叉神経痛については神経伝達を抑える事によって痛みが伝わるのを抑える事で効果があります。
テグレトールは薬との相互作用を起こしやすかったり、薬の使用を勝手に急に止めてしまう事で反動で重い副作用が生じる事もあるなど注意しなければならない事も多く、服用する場合は医師の診断を受けた上で指示を守るようにすべきです。